So-net無料ブログ作成

デジャヴか、ササゴイ [ササゴイ]

P9260955.jpg
えっと、ササゴイの幼鳥です。翼の模様とか眼の色とか概ねわかると思います。
さて、何がデジャヴなのか。
そう、私のブログをご覧のみなさまはすぐにお分かりかと思いますが、9月21日の記事でほぼ同じササゴイの幼鳥の記事を紹介しました。その時も牛乳を買いにいった時なのですが、今回も牛乳とヨーグルトを買いに出かけた時に通った川で、またもやササゴイの幼鳥に出会ったのです。


P9260960.jpg
前回の写真と比較してもほぼ同じ大きさで同じ場所で出会っています。
P9200839.jpg
これが前回のササゴイ幼鳥。
同じ場所で同じ個体のササゴイ幼鳥と出会うというデジャヴのような現実でした。

P9200863.jpg
これはアカタテハだと思います。
まだまだ直射日光が強い日向で止まってくれました。日本全国で見れるそうでそうそう珍しい種類ではないようです。
紅葉もまだ見れないので、秋を探しにいかないといけないかな。

左眼情報。
昨日いつもの病院に行ってきました。なんだかんだとやって昼飯食ったのが午後2時半。なんでそんなことになったのかというと、完全予約制なんですけど、いつも1時間程度はずれます。それは予定通りなので、気にしていないのですが、昨日はな、な、なんと目に注射をしたので遅くなりました。目に注射するには白目のところを少し切ってから針を差し込み薬を注入するのです。無菌室で手術ほどではないですが、ちゃんと誓約書を書いてからやります。実質の時間は5分程度で終わりますから、ま、気にしなくてもいいのかもしれませんが、でもやはり切るので、色々と注意が必要です。術前術後の時間がかかるんですよね。そして術後は眼帯をしてしばらくいます。その後は通常のように戻っていいのですが、やはり少し痛みがあるのでずっと目を閉じたままでいましたよ。さて、病気の診察ですが、いままでずっと飲んでいた薬を終わって良いということになりました。嬉しい事です。また点眼薬も2種類やっていたのですが、1種類になります。じゃあ、左眼が回復したのかというと、そうではありません。以前から言ってるように元のように戻ることは無いと断言されているし、実際もう欠損して見えないところのみならず、ぼやけやピントずれや視野が狭い事や光量不足とかほんと色々と元のように戻るとは思えません。 

病院でいきなり私を呼ぶ若い女性の方がいました。最初、病院の医者を呼んでいるかと思いましたが、どうも私のようなので振り返ってみたら、あれ、まあ、驚きましたね。数年前職場でいろいろとお世話してあげた子でした。こちらの病院で務めているとのこと、知らなかったよ。でも無事地元で就職ですから一番良かったのではないかなと。そんなこともあるんですね。驚いた。 
nice!(43)  コメント(3) 

nice! 43

コメント 3

okuryu

おはようございます。
ササゴイの幼鳥、可愛いですね。
普通のゴイサギはよく見かけるんだけれども、ササゴイには会えないなあ。

目の注射って、読んでるだけで怖くなりました。
でも、薬が減ったのは良かったですね。

このところ、毎回野鳥の記事が載っていて、とても楽しく読ませていただいています。


by okuryu (2013-09-28 06:32) 

カエデ

同じところで会ったのでしたら、また行かねばなりませんねw。
状態が安定してきたのでしょうね。
お薬が終わってよかったですね。
by カエデ (2013-09-28 07:48) 

doudesyo

>okuryuさん
お早うございます。私はゴイサギをみていないんですよぉ。というより野鳥そのものをあまり見ていないですね。いなくなったのかなあ?
目の注射ですか、目に麻酔も感染予防の薬も消毒もやって切り、そこに針を入れるようですが、私はそれは見れないので分かりませんでした。^^;

>カエデさん
はい、同じ所です。不思議ですあれだけ大きい病院ですから。
薬が終わったことは大きいです。見え方はさっぱり変わらないのでやはりこれ以上はよく見えるようにはならないんだと思います。^^;
by doudesyo (2013-09-29 08:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。